kum4423’s diary

なんかそこらへんのこと

MENU

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(Violet Evergarden)の世界観の考察 #VioletEvergarden #文字解析

f:id:kum4423:20180202235440j:plain

violet-evergarden.jp

 

タイプライターについて

 

f:id:kum4423:20180202232516j:plain

 

本作品に登場するタイプライターのモデルはドイツのWANDER-WERKE社が製作したCONTINENTALシリーズ「Continental 340」と推測される。

これらのシリーズは1948年まで製造され続けていたことが確認出来た。このことから時代設定も伺える材料になりそう。

タイプライターの文字配列について

f:id:kum4423:20180202230921p:plain

現状の分かっている文字をラテン・アルファベットで置き換えたものがこちら。まだ判明していない対応する文字が存在するため未完成である。

 

f:id:kum4423:20180202230942p:plain

そして現在において一番可能性が高いと思われる対応済みの文字配列がこちら。YとZの位置に注目してもらいたい。QWERTY配列である。

QWERTY配列は、ラテン文字が刻印されたタイプライターやコンピュータなど、文字入力用キーボードの多くが採用するキー配列である。英字最上段の左から6文字がQ, W, E, R, T, Yの並び順であることから「QWERTY」と呼ばれる。

 

f:id:kum4423:20180202231002p:plain

もう1つ、僅かながらに可能性のある文字配列がこちら。YとZの対応する位置が逆のパターン。これは昔のタイプライターによくあるQWERTZ配列である。

QWERTY配列とはZとYが入れ代わっている。これは、このモデルのタイプライターが製造されたドイツという国の言語が関係してくる。ドイツ語ではZがYよりもはるかに多用され、TとZはドイツ語では隣あって現れることが多いためであると言われている。キーボードの一部にはä,ö,üといったドイツ語表記のためのウムラウトが含まれている。

 

キャラクターの名前表記から文字譜を作成してみた

f:id:kum4423:20180203001957p:plain

f:id:kum4423:20180203002010p:plain

Violet Evergarden (ヴァイオレット・エヴァーガーデン)

Claudia Hodgins (クラウディア・ホッジンズ)

Gilbert Bougainvillea (ギルベルト・ブーゲンビリア)

Cattleya Baudelaire (カトレア・ボードレール)

Benedict Blue (ベネディクト・ブルー)

Erica Brown (エリカ・ブラウン)

Iris Cannary (アイリス・カナリー)

Luculia Marlborough (ルクリア・モールバラ)

Spencer Marlborough (スペンサー・モールバラ)

 

f:id:kum4423:20180202234159p:plain

以上、これらのキャラクターの名前を頼りにそれぞれ対応する文字を導き出し、それらを文字譜に対応させて書き起こしたものがこちらとなる。

 

f:id:kum4423:20180202234259p:plain

赤丸で囲ってある空白の部分は未だ判明していない文字である。大文字は全て判明したが、小文字のj,x,zがまだである。正直、大文字のZについてもまだ不確かである。

 

なぜ、横線3本の文字(字形)がZに対応するのか?

2と区別するために斜線に短い線を交わらせることもあり、ヨーロッパでは一般的にこれで書かれる。「Zz Ʒʒ Ƶƶ」のように書かれる。そして「Ƶƶ」から斜線を除いたものが対応していると考えられる。また、数字の7も同じように1やI,iと区別するために短い斜線を交わらせることがあり、発想としては似ている。ドイツでは数字の7に斜線を書くことが一般的なことを考えると納得がいく。

 

時計の印字について

f:id:kum4423:20180203001018p:plain

これはただ順番に数字を当てはめていくだけの単純作業……かと思いきや、4時の方向にあたる文字がNとなっている。これはおそらく「N=4 超対称ヤン・ミルズ理論(N = 4 supersymmetric Yang–Mills theory)」から着想を得ていると思われる。

 

 

以下、個人的メモ&感想:

今のところ、人名や地名以外はテキトー説が有力

でも、代名詞などは見つけられた

一番最初に気になったのは、ヴァイオレットという名前。明らかに英語圏の名前。ということはゲルマン語派の地域の生まれなのかな?

暁佳奈さんと話してみたい。この構想、全部一人で考えたのか?通貨や言語、どうなってるんだ。

通貨に関してはルーブル(ロシア通貨)なのは確定

メーンはドイツ語ベースなんだろうけど、ドイツ語はさっぱりなんだ自分……

Sにあたる字形、多分作者が考えたのかな、浅はかな、と思った

Oを「U」と読む言語

3話の手紙のさいごにNunki、アラビア語

やっぱりフランス語混じってる

正直、自分の中ではロマンス諸語シチリア語に期待

しかし、もしこの作品の資料本などが出たとして言葉についてきちんと説明されてなかったら許せないわ。手紙が題材なのに。

pauulc

 Zoccu nun faitu

A Happy Heart and One Slice Of Bread: Cori cuntenti e 'na fedda di pani 著者: Arthur V.

 

2018/02/04更新

一部の単語の読みがキリル文字由来

「you」に値する代名詞の特定