読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kum4423’s diary

なんかそこらへんのこと

MENU

潮風の消える海に

f:id:kum4423:20151128020527j:plain

タイトルは知る人ぞ知る、感じですかね。はい、知らなくていいです。

 

なんとなくここの画像を使いたくなったので掲載しました。たまにここへ訪れます。自分にとって大切な場所です、年に一度は春か夏に行くようにしてます。

 

ここは何処かと言うと……

 

 ここは神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目にある、JR東日本鶴見線海芝浦支線)の終点駅「海芝浦駅」です。

 

東芝の社員または関係者でないと改札より東芝の構内に入れないが、海に面しているという特徴から一般客にも人気があるようですね。

 

上記においても書いたように、ここは自分にとってのバイブルみたいな場所で、どうしようもなく悲しい時、自分を見つめ直したい時なんかに気分転換を兼ねて訪れます。人がほとんど来ないので、ひとりになりたい時には最適です。実は隠れた花火の観賞スポットでもあったり。

 

夕方にはサンセットが海に反射して眩しいです。長時間居ても飽きない、時の流れを忘れて刹那のように感じます。こういう時間と空間が過ごせる場所が都内近郊にはまだ残っているんですね。まだまだ捨てたもんじゃないです。

 

あ、電車を逃すと1,2時間ほど海芝公園にいなければならないので、そこらへん気をつけてください。