読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kum4423’s diary

なんかそこらへんのこと

MENU

雰囲気良さ気な店で働いてみて分かったこと

f:id:kum4423:20151122213434j:plain

今年の夏から訳あってバイトを始めた。

 

しかしどこで何して働こうか、くっそ迷ったし悩んだ。

 

ただでさえ通ってる大学が遠いのにバイト先まで遠いのは流石にしんどいと思い、結局地元で探すことに。

 

そしたら意外と見つかった。雰囲気良さ気な店だ。なので、キミに決めた!

 

こっからが大変だった……

 

働き始めて2ヶ月ぐらいした頃かな?(正直そんな覚えてないし興味も無い)

 

従業員はオーナー1人だけ。だけどこいつがとても厄介だった。

 

関西出身らしい、この時点で面倒。男の関西弁での煽りはくっそムカつく。これが女の子だったらまだしも、男やぞ。関西の女は女で大阪のおばちゃんみたいなのは本当に無理。京言葉をさり気なく使う女子が一番だわ。

 

そんなことは置いといて。この関西弁のノリというのがとても厄介なのだ。自分が入った当初は自分以外に3人従業員がいた、それがどうした?今じゃ自分1人だ。3人とも全員辞めたよ。あ、あとは時給が低いのも原因の1つだ。あんた達は従業員を軽く見過ぎだ。

 

こっちは下手ながらに精一杯真剣に仕事している、なのに「まだー?」「え、まだしてんの?」と不必要に絡んでくる。見たら分かんだろ?アホかこいつ。殴ってやろうかと思った。挙句の果てに「時間稼いで時給多く貰おうとしてるだろ?」とか言われた時は流石にぶちのめすぞてめぇと心の中でツイートした。

 

その日は閉店間際になって1人の女性客が転がり込んできた。正直迷惑だ。

 

話を聞いてると、どうも仕事終わりでまだ何も食べていなかったらしい。夜の23時過ぎのことだ。その女性は都心の高級デパートで働くバリバリのウーマンだった。ほぼワーカホリックみたいな感じ。

 

そしたらその人が話しかけてきた「ねぇ、何してんのー」

 

いや、見たら分かるでしょ?片付けしてんだよ。あんたのせいで洗い物増えてるんだけど……まったくもっていい迷惑である。むしろ自分が迷惑かけたいまである。

 

そしてまた少しして話しだした。今度は人生論だ。どうもその人は職場で若い新人の女性社員をパワハラ体罰するのが楽しくて仕方ないらしい、仕事でミスしたら足を踏みつけるだとか、言葉遣いが少しでも間違ったら殴ってやると言っていた。BBA調子に乗んなよ?と内心思った。

 

いまの30代後半は体罰賛成の世代なのかな?と疑問に思った。そんな世代は将来老害になりそうな予備軍でしかない。こんな大人にはなりたくないと心に強く思った。

 

そして面倒なのはオーナーと客だけじゃなかった、夫人もとても面倒な人だった。

 

どういう風に面倒かと言うと、思想的にやばい人だった……

 

ついこの間も仕事終わりの片付けの時に残ってた常連と少し(現代の若者は~的な)世間話をしていたら「今の若い世代がそんなんだと日本の将来は成長しないね」と唐突にぶっ込んできた、真顔でだ。その場で瞬時に常連と二人で察した、こいつはやばい人だ、と。

 

その日は急いでお客さんと共に店を後にして帰った。戦々恐々だった。夜も朝までしか眠れなかった。

 

雰囲気良さ気な店には、危ない人が多いのかもしれないと勝手に偏見を持つようになってしまいそうだ。店の人間だけでなく、お客さんも。裏があるってことですよ。

 

時給は低いのにやることは多く覚えることも多いのに、なんだかんだでまだ働き続けているけどね、いろんな人間像が観れるからね……あー辞めたい。