読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kum4423’s diary

なんかそこらへんのこと

MENU

ツイッター歴6年目を迎えて

f:id:kum4423:20161030190713j:plain

Twitter(ツイッター)というSNSを始めてから約6年が経ちました。

続きを読む

無能大学講師攻防戦

f:id:kum4423:20161030185430j:plain

大学のとある講義を秋期から出るのを止めることにした。

 

理由は簡単、その講義の講師があまりにもクズだから。もう言いたいこと多すぎて逆に忘れてしまうぐらい。とにかく酷かったのは、夏休み前の春期最後の講義でのこと。

 

この講義ではグループを作って作業するフィールドワークを重視していた。だが、それはあくまでも1つのポイントであって必須ではなかった。なので自分たちのグループはなるべくあえてフィールドワークをしない方向で進めようと決めた。

 

そして一ヶ月、二ヶ月と経つに連れて担当の講師からもいろいろ指摘されるところが出てきた。しかし自分たちもその都度改善してきたし、きちんとこなしてきた。

 

だが、しばらくするとおかしなことを言い始めたのである。先週の講義で調べてこいと言われてきたものをちゃんと調べて揃えてきたら

 

「それ、なんの意味があるの?」

 

はぁ~~~???お前が先週言ったんだろぼけが!本当にこの時この人は何を言ってるんだろうと思いました。痴呆症かな?って思いました。精神科へ行くことをおすすめしますよ、先生。

 

だから自分たちも言ったんですね、これは先日先生が仰ったことですよ?もしかして覚えておられませんか?と。そしたら、いいや!覚えてるよ。と。

 

なおさら、はぁ~~~???ですよ。頭に来たのでカマかけてやろうと思い、先生もしかしてテキトーに言ってますねー(笑)って冗談交じりに言ってみたら、顔を真赤にして反論してくるんですよねー……その時点で察しました。あ、これ図星かよ、って。

 

大学で講義してる外部から呼ばれてきてる講師なんてこんなもんかーと心底残念に思いました。本当にとても残念です。

 

あとこれはあまり本件には関係ありませんが、今の文系大学生はまともにOfficeが使える人が殆どいませんね……分担作業して、これ作ってきて、と頼んでもまともに作れないし、たとえ作ってきたとしてもごちゃごちゃしてるしフォントはめちゃくちゃ。

 

そもそも自分から何かしようという自分から行動しようとする人が全くいません。誰かに何か言われてからでないと動きません。言ったとしても、理解出来ずに動きません。

 

グループワークの話を進めるからお昼に集まろうね、と言ってもです。誰も集まらない。本当にクズの本懐を体現しているかのような奴らです。

ナウカ・ジャパン訪問

f:id:kum4423:20160914222007j:plain

9月12日、知り合いとナウカ・ジャパンを訪れました。

 

ナウカ・ジャパンとは?ロシア書籍専門店です。前々から一度行ってみたかったのですが、なかなか機会が無く行けませんでした。

 

が、今回知り合いで同じく露語を修学している身の者同士、行くことになりました。向こうは既に4年間学んでいてとても頼れる先輩?です。

 

場所は神保町。でも実際に行くなら御茶ノ水から行った方が何かと面白いです。少しでも文字が読めて、ロシアに関する知識や教養や見聞があると凄く楽しめると思います。無知だとつまらないただの書店ですが……

www.naukajapan.jp

同じく露語やロシアに興味ある方には是非一度行ってみてもらいたいと思います。

続きを読む

映画「君の名は。」を観てきました

f:id:kum4423:20160904163531j:plain新海誠監督による6作品目となる今回、2013年公開の前作品「言の葉の庭」がとても素晴らしかったが故にそれを上回る感動や衝撃があるのだろうか?と楽しみな反面、不安もありましたが、良い意味で期待を裏切るというか、超えていってくれました。

 

劇中の絵の綺麗さは前よりもちろん、今回はどことなくいままでの新海誠作品の一部分を彷彿とさせるような描写がとても多く、観ていて鳥肌が立つ場面が多かったです。是非ともこれから観るという方は、「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」を一度ご覧になっていただけたら、より一層今作品を楽しんでいただけるのではないかと思います。

 

劇場へ足を運んで思った不満点が1つありました。それは店頭販売グッズの少なさです。なので自分も今回はパンフレットしか買えませんでした。(結びのブレスレットが一番欲しかった)

 

また今回は制作スタッフも豪華な顔ぶれとなっていて、そこら辺にも注目してみるとまた違った楽しみ方が出来るのではないでしょうか?

 

今作品、ネットでの評判も正直とても上々だと思っています。それはまた新海誠作品が大好きな一人の人間としてとても嬉しく誇らしく思います。しかし、そういった一方でやはり批判的な反対意見があるのは理解しています。だけど、少し批判的コメントを見ていて違和感を感じたコメントがありました。

 

新海誠観を拗らせている」「シン・ゴジラと比べると……」

前者のコメントはよく見られましたね。確かにこれは思う人が多いのかもしれません。でも、あの独特な世界観にみんな惹かれていくわけで、拗らせるなんて言い方はナンセンスかなと思います。後者のコメントに関してはもう論外です。

 

P.S.

姉さん、今回は一緒に観に行ってくれてありがとう。また行こうね!

デザイン変更しました!

f:id:kum4423:20160622231153j:plain

2カラム対応のマテリアルデザインのテンプレを少し改修しました。

 

次の予定としては

・TOPへ戻るボタンの追加

・ヘッダーメニューの作成

スマホ版サイトのアイコン下のプロフ欄追加

・サイドバー拡張

etc