読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kum4423’s diary

なんかそこらへんのこと

MENU

VAIO Pro 13 | mk2(VJP132*シリーズ)におけるスリープ問題についてと解決策

f:id:kum4423:20170303004638j:plain

最近、自分の使っている愛機がスリープ状態にならないことに気がついた。つい2,3日前までは普通に使えていたのでどうしたものかと悩んでいた。

 

自分のPC本体設定ではバッテリ駆動において

  • ディスプレイの電源を切る:5分
  • コンピューターをスリープ状態にする:10分

というような設定にしてある。

 

何もせずに5分が経つときちんとディスプレイは消えて真っ暗になる。ここまでは良い。しかし、問題はここからでディスプレイが消えてからさらに5分後の10分経過後……何も起きない。PCがスリープ状態にならないのである。

 

ディスプレイの電源はきちんと切れるのに、スリープ状態には移行しない。これは由々しき事態だ!

 

 Twitterで同じような人が居ないか検索してみたところ、VAIO製品に限らずやはり多々見受けられた。

 

解決策を探していたところ、ある方法が目に入ってきた。

 

コマンドプロンプト(管理者権限)による原因特定と制御方法である。

続きを読む

昔の友人に会いたくない

f:id:kum4423:20170216185548j:plain

最近、ふとした瞬間にとある人物が頭を過ぎったんですよ。流石に自分でももう忘れたかなーと思っていたんですが、流石は人間、人は忘れた頃に思い出す。思い出してしまった……

 

その人は中学生の時の時分にとってとても大きな影響を与えてくれた人物です。自分は中学からは地元を離れて他県へと進学していました。いわゆる新参者です。そんなわけで新学期開始の時期はとても不安で、内心常に緊張してました。今の自分からは考えられない程に人の視線や言葉に敏感で苦しい時期が続いていました。

 

そんなある時、その人とメールする機会があり、そこからメールでのやり取りが始まりました。

 

その人も自分と同じで地元を離れて他県へと進学していたので、お互い慣れない新天地で奮闘していました。そんな似たような状況で頑張っている様子に自分はとても感銘を受けた記憶があります。当時の自分にとってはある意味で心の支えでした。

 

そんなある時、メールで「みんなと仲良くするにはどうしたらいい?全然分からないや」と聞いたことがあります。その時返ってきた返事がこうでした。

 

みんなと仲良くする?そんなことしなくていいのよ。大切なひとが数人居れば、それでいいじゃない。あとは自分と関わろうとしてくれる人たちと上手く付き合っていけばそれでいいのよ。

 

これを見たとき、自分はハッと何か目が覚めるような感覚に陥りました。そうか、それでいいんだ、と。自分は周りを気にし過ぎるが故に、自分をちゃんと見てあげることを忘れていました。客観的に物事を見れるのはもちろん重要なこと。でも最後は主観が決定打になる。自分自身で取捨選択が出来るようになりたいとこの時ほど思ったことはありません。

 

そんなわけで、その人は自分にとってかけがえのない人物となったのでした。

 

高校に入ってからは自然と疎遠になりました。久しぶりに凄く気になったので調べてみました。いまはGoogle先生がなんでも教えてくれます、便利な世の中になりましたね。

 

その人のSNSのアカウントを見つけました。いまどうしているんだろう?と思って覗いて見てみました。次には画面を閉じました。

 

見なきゃ良かった。知りたくなかった。もう会いたくない。

 

本当にもう二度と会いたくないですね。何があったかはここでは言いません。取り敢えず、昔の友人に会いたくない。

С Новым годом!

f:id:kum4423:20170102232200j:plain

新年明けましておめでとうございます。題はロシア語から。新年好!

 

突然ですが、2017年は経験したこと、学んだこと、つまりインプットしてきたものをアウトプットする年にしていきたいです。

 

細かく言うと、資格関係・語学関係です。とにかく頑張りたい。起点にしたい。

 

自分の存在意義を見つけたくないですか?自分は見つけたい。

ツイッター歴6年目を迎えて

f:id:kum4423:20161030190713j:plain

Twitter(ツイッター)というSNSを始めてから約6年が経ちました。

続きを読む

無能大学講師攻防戦

f:id:kum4423:20161030185430j:plain

大学のとある講義を秋期から出るのを止めることにした。

 

理由は簡単、その講義の講師があまりにもクズだから。もう言いたいこと多すぎて逆に忘れてしまうぐらい。とにかく酷かったのは、夏休み前の春期最後の講義でのこと。

 

この講義ではグループを作って作業するフィールドワークを重視していた。だが、それはあくまでも1つのポイントであって必須ではなかった。なので自分たちのグループはなるべくあえてフィールドワークをしない方向で進めようと決めた。

 

そして一ヶ月、二ヶ月と経つに連れて担当の講師からもいろいろ指摘されるところが出てきた。しかし自分たちもその都度改善してきたし、きちんとこなしてきた。

 

だが、しばらくするとおかしなことを言い始めたのである。先週の講義で調べてこいと言われてきたものをちゃんと調べて揃えてきたら

 

「それ、なんの意味があるの?」

 

はぁ~~~???お前が先週言ったんだろぼけが!本当にこの時この人は何を言ってるんだろうと思いました。痴呆症かな?って思いました。精神科へ行くことをおすすめしますよ、先生。

 

だから自分たちも言ったんですね、これは先日先生が仰ったことですよ?もしかして覚えておられませんか?と。そしたら、いいや!覚えてるよ。と。

 

なおさら、はぁ~~~???ですよ。頭に来たのでカマかけてやろうと思い、先生もしかしてテキトーに言ってますねー(笑)って冗談交じりに言ってみたら、顔を真赤にして反論してくるんですよねー……その時点で察しました。あ、これ図星かよ、って。

 

大学で講義してる外部から呼ばれてきてる講師なんてこんなもんかーと心底残念に思いました。本当にとても残念です。

 

あとこれはあまり本件には関係ありませんが、今の文系大学生はまともにOfficeが使える人が殆どいませんね……分担作業して、これ作ってきて、と頼んでもまともに作れないし、たとえ作ってきたとしてもごちゃごちゃしてるしフォントはめちゃくちゃ。

 

そもそも自分から何かしようという自分から行動しようとする人が全くいません。誰かに何か言われてからでないと動きません。言ったとしても、理解出来ずに動きません。

 

グループワークの話を進めるからお昼に集まろうね、と言ってもです。誰も集まらない。本当にクズの本懐を体現しているかのような奴らです。