kum4423’s diary

なんかそこらへんのこと

MENU

Review:Satechi Bluetooth Aluminum Wireless Headphones (Space Gray)

今回、Satechi Japan様のご協力により「Satechi Bluetooth Aluminum Wireless Headphones (Space Gray)」を提供して頂きました。

 

f:id:kum4423:20170912170915j:plain

化粧箱は正方形でいつもより大きな外装。箱の上部には引っ掛ける部分も付いている。有線、無線のどちらでも使用可能なことが分かるパッケージング。

 

f:id:kum4423:20170912171237j:plain

箱の中身は、有線接続時に使うケーブルと充電用ケーブルの2種類が付属品として入っている。

 

f:id:kum4423:20170912172041j:plain

意外と高級感のあるパッケージに収められており、チープな感じはあまりしない。落ち着いたモダン的なデザインと有線、無線のどちらでも使える利便性は計り知れない。少しイヤーパッドが脆そうな感じは否めない。取り外し可能で交換出来るとより便利になるかもしれない。

 

f:id:kum4423:20170912172231j:plain

相も変わらず、ちゃんとMacBookのカラバリに製品を揃えて用意してきてるところに好感を持てる。Macユーザーには使いやすいヘッドホンの選択肢の一つとなるだろう。

 

f:id:kum4423:20170912172250j:plain

今回、このヘッドホンを使用するにあたっていろいろ通販サイト等を見ていたら偶然にも似たような物を見つけてしまった。それが「パイオニア SE-MJ561BT」である。

http://pioneer-headphones.com/japanese/outdoor/se-mj561bt.html

OEM生産で元から製造データがあったから安く作ることが出来たのかな?と憶測の域は出ないが、何はともあれよく似ている。電源ボタンと音量ボタンの位置が逆になっているがそれ以外はほとんど同じ印象に見受けられる。

 

今回ご紹介した製品はこちら

Bluetooth Aluminum Wireless Headphones – Satechi

http://amzn.asia/bDM1uGC

 

ロシア旅行への準備

f:id:kum4423:20170701225024j:plain

題にあるように今年の夏にロシアへ行ってきます。その為、いろいろロシアに関しての情報を個人的にまとめておこうと思います。

 

コンセント

ロシアはCタイプコンセントのCタイププラグの形状となっています。

国名:ロシア 家庭用 商業用 工業用 周波数(Hz)
供給電圧(V) 220、220/380 220、220/380 220/380 50(Hz)

※220/380は、単相三線の配線方式により220V、380Vのいずれでも供給を受けられることを示す。

ちなみにロシアには127(V)というのも存在するらしいですが、それは30年以上前の照明設備等の為であり、ホテル等ではほとんど関係無いそうです。

それにいまの電化製品や充電器は100V~240Vのマルチ電圧に対応している為、プラグ形状さえ気をつければ大丈夫そうです。

 

通貨

通貨単位はロシアルーブル=RUB=рубль(ルーブリ)

補助通貨単位はカペイカ=копейка(コペイカ)

1ルーブルは100カペイカである。

1ルーブル рубль ルーブリ
2-4ルーブル рубля ルブリャー
5ルーブル以上 рублей ルブレイ

紙幣に書かれているのは「рублей(ルブレイ)」

為替計算はこちらで→ http://keisanki.me/calculator/index/RUB/1

f:id:kum4423:20170625213210j:plain

紙幣:5000,1000,500,100,50,10,5ルーブル

硬貨:10,5,2,1ルーブル

   50,10,5,1カペイカ

※現在5ルーブル紙幣と5カペイカ硬貨,1カペイカ硬貨はほとんど使われておらず流通していない。

 

ネット通信環境

モスクワの中心部では無料インターネットを使えるところが多く存在します。これはモスクワ行政府の「街のWi-Fi」プロジェクトによるもので、行政府は旅行者などのために、無料のWi-Fiにアクセスできる拠点をマップで示しています。

無料Wi-Fi拠点マップ→ Карта улиц Москвы, где можно бесплатно подключиться к wi-fi

 

【更新08/02】LineageOS 14.1 - SM-T700 Samsung Galaxy Tab S 8.4(Klimtwifi)

forum.xda-developers.com

 

LineageOS

https://download.lineageos.org/klimtwifi

Latest:2017-08-02 14:32:17 

Gapps

http://opengapps.org/

Platform:ARM

Android:7.1

Variant:nano

SU

https://download.chainfire.eu/1115/SuperSU/SR2-SuperSU-v2.82-SR2-20170808115921.zip

※2017/08/11現在、最新版SuperSUでの動作を確認済みです。

How to Install Lineage OS using TWRP Recovery

  • Download and transfer the Lineage OS ROM and Lineage OS Gapps file to your device’s internal storage.
  • Boot your device into TWRP recovery. You can simply Google how to enter recovery mode on your device.
  • In TWRP recovery, click on Wipe » Advanced Wipe. Here select the following options dalvik cache/ART. Do not select the option which reads ‘Internal Storage‘ at any cost, as it will wipe off EVERYTHING, including your ROM file.
  • Go back to TWRP main menu, tap on Install and select the Lineage OS Zip file that you transferred to your device in Step 1.
  • After selecting the .zip file, do Swipe to Confirm Flash on the bottom of the screen to begin the custom ROM installation process. This may take some time.
  • Once your ROM is successfully flashed, you’ll see Wipe cache/Dalvik option, select it and then do Swipe to wipe on the bottom of the screen.
  • Now flash the Lineage OS Gapps file similarly like you flashed the ROM file.
  • After flashing both ROM and Gapps files, reboot your device.

 

 

How to Enter Recovery Mode Samsung Galaxy Tab S SM-T700 8.4 Wi-Fi

 

  • Turn off the device
  • Press and hold Volume UP key + Home Key, while pressing these keys then press and hold Power key for a while
  • Release all key when Android or Samsung logo appear then you will see Android System Recovery

 

※2017/04/09現在、2017-04-05 13:38:41更新のROMにおいてロック画面時の横画面設定及びオートローテーション機能においての不具合を確認しています。

 

※2017/05/04現在、/system/build.propに"lockscreen.rot_override=true"を一行記述することによりロック画面時の横画面にならないバグは解消されることが判明しました。

 

※2017/08/11現在、ESファイルエクスプローラーにてROOT権限が正常に付与されない不具合を確認していますが、他のファイラーを使えばSystem領域下の書き換えが可能であることも確認しました。

Review:Satechi Slim Aluminum Type-C Multi-Port Adapter (Space Gray)

今回はSatechi Japan様のご協力により「Satechi Slim Aluminum Type-C Multi-Port Adapter (Space Gray)」を提供して頂きました。

 

f:id:kum4423:20170616130709j:plain

化粧箱はいつもの見慣れた縦長のシンプルな箱です。

 

f:id:kum4423:20170616174209j:plain

箱から取り出してみると、相変わらずコンパクトに収まっています。無駄な梱包や説明書があまり無いのはAppleリスペクトなのかな?と思ったり。

 

f:id:kum4423:20170616174758j:plain

ケーブルは柔らかく太くて断線しにくい仕様となっています。端子はもちろんUSB Type-C。

 

f:id:kum4423:20170616174934j:plain

反対側には4K出力可能なHDMIポートが。HDMI接続による4K対応ディスプレイやモニターへの出力時にはリフレッシュレートは最大で30Hzとなっています。その為、60Hzで表示される4Kディスプレイやモニターへは少し出力不足で十分に対応出来ていないかなと思いました。残念ながら4K及び60Hz対応の製品を持ってないので、これに関しては未検証です。

 

f:id:kum4423:20170616175113j:plain

それではポートについて見ていきましょう。側面に2つのUSB 3.0ポートとUSB Type-C(充電パススルーポート)があります。そして今回も「Apple USB SuperDrive」には対応していないので、そこはご了承ください。USB 3.0ポート経由でのiPhoneの充電は正直、充電されるまでの速度が遅くてあまり使い物になりません。「充電」と言うよりかはMacBookで言うところの「給電」に近いものだと認識していただいた方が良いでしょう。

 

f:id:kum4423:20170616175847j:plain

f:id:kum4423:20170616175928j:plain

閉じた時と開いた時の比較画像です。※上と下で色味が違うのは調整ミスです。

 

f:id:kum4423:20170616181047j:plain

f:id:kum4423:20170616181229j:plain

こうして何枚か写真を撮ってみても分かるように違和感無く溶け込むため、デザイン性においてはApple純正品の白色のアダプター等に比べるとスタイリッシュで十分映えると思えます。

 

f:id:kum4423:20170616181408j:plain

今回も製品自体のクオリティーは凄く高く洗練されているな、という印象を受けました。しかし、HDMIの使い道がオフィス等の職場に限られてしまう可能性が少し高いと思いました。残念だった点としては、やはりUSB 3.0ポートを経由してのiPhoneの充電がイマイチであるという点。コンパクトになっている分、出力不足は否めないです。しかし、プレゼンなどを行う社会人ならば鞄の中に入れておけば、備えあれば憂いなし、ですよ。

 

今回ご紹介した製品はこち

Satechi Slim Aluminum Type-C Multi-Port Adapter with Type-C Charging Port, 4K HDMI Video Output, and 2 USB 3.0 Ports (Space Gray) - Hubs - Connectivity - Computer

https://www.amazon.co.jp/dp/B01J4BO0X8

Review:Satechi Type-C Pass Through USB Hub with USB-C Charging Port (Space Gray)

今回はSatechi Japan様のご協力により「Satechi Type-C Pass Through USB Hub with USB-C Charging Port (Space Gray)」を提供して頂きました。

 

f:id:kum4423:20170531223251j:plain

化粧箱は縦に細長く至ってシンプルな外装。箱の上部には引っ掛ける部分も付いている。

 

f:id:kum4423:20170531223326j:plain

MacBookと色を合わせてみたところ。どちらもきちんと同じスペースグレイ(Space Gray)で相性抜群。ちゃんとMacBookのカラバリに製品を揃えて用意してきてるところに好感を持てる。

 

f:id:kum4423:20170531223345j:plain

いざ、装着してみたところ。この両端に付いている小さな穴は何だろう?放熱用かな?

 

f:id:kum4423:20170531223405j:plain

端子はUSB Type-C、USB 3.0ポート×2、SDカードスロット、Micro SDカードスロットとなっている。普段使いとしては申し分ない種類の端子が収められている。鞄の中に入れておけば出先でのフォーマットの違うメディアのやり取りが可能になるため、急な仕事にも対応出来るだろう。ただし、SDカードとMicro SDカードの同時読み込みには対応していないのでご注意を。

 

f:id:kum4423:20170531223427j:plain

そしてもう1つ注意しなければならないのは「Apple USB SuperDrive」には非対応であるという点。これはメーカー側であるAppleサイドによる制限のためです。この問題さえ解決すればとても使い勝手が良くなるんですけどね。

 

f:id:kum4423:20170531223502j:plain

肝心の本体デザインとはいうと、装着時の凹凸感が無く、この通りMacBookに完全対応するようにデザインされているため、公式アクセサリーと見間違う程の仕上がりとなっています。

 

f:id:kum4423:20170531223530j:plain

反対側から見た構図。USB Type-Cの位置は本来と同じ場所にあって使い勝手が変わらないように設計されています。電源が入っている時は真上のLEDインジケーターが点灯するようになっています。

 

f:id:kum4423:20170531223549j:plain

こちらは実際に各種ケーブルを挿してみた構図。やはりUSBポートが最低は2つ以上は欲しいと思う瞬間ですね。一眼レフやミラーレスカメラを使用する人にとってはSDカードスロットは需要が高いと思われるのでポイント高いです。

 

f:id:kum4423:20170531223607j:plain

キャリアスマホ(docomo)にありがちなキャリアロゴ(docomo)が目立つようなことも無く、メーカーロゴが控えめなところもとても好印象です。ここまで色々と紹介してきましたが、それにしてもSATECHIとはどういう意味なんでしょうか?気になります。

 

今回ご紹介した製品はこち

Satechi Type-C USB 3.0 3 in 1 Combo Hub for New MacBook 12-Inch (with USB-C Charging Port) (Space Gray)

https://www.amazon.co.jp/dp/B019PHF9UY/